ロリにメロメロ

ロリの歴史

ロリの歴史

トップページでも説明している様に、ロリとは1955年に発表されたウラジーミル・ナボコフの小説「ロリータ」から誕生した、「幼女」や「少女」を指す言葉です。
単に幼い女性を指す言葉ではなく、性愛的対象としての意味合いを含んだ言葉です。
では、その様な感情は一体いつからあったのでしょうか。
ロリという言葉が誕生してから、今日まで確かに存在しています。
少女売春や児童ポルノなどの大きな問題はあるものの、世の中に強く存在しています。
つまり、人間の歴史と同じだけ、ロリの歴史はあるのではないでしょうか。
現代の様に、同じ価値観を持った人と繋がれるインターネットの様なものが無かった時代から、ロリは存在していたのではないかと思います。

↑ PAGE TOP